Count: 524
Welcome to Hardboiled Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Code
上記4桁の数値を入力
Roll a Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.14
2006年01月04日水曜日 16時25分
遅い昼飯でも食べに来たのか、割とよく来るadministratorが入ってきた。二枚目はミスを探しているらしく、私にペコペコお辞儀をすると童子のような眼で語り出した。
雑誌拾い administrator 
「書き込みテスト」
私はその場を逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。

Cafe日誌No.13
2005年12月21日水曜日 01時14分
大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある優男が入ってきた。愛玩のバービー人形を片時も離さない。zawaは思い出したかのようにこう言い出した。
無職 zawa 
「元気ですかーーー!
いくぞーー
1.
2.
3.
(以下ボケ期待」
・・泣きたいだけ泣くがいい。今宵の酒は悲しい酒だ。

店の看板娘シンディにちょっかいをかけていたadministratorが今の話に振り向いた。
雑誌拾い administrator 2005年12月21日水曜日 20時54分
「アートな午後の管理人でございます。
平素おせわになっております。

東京で元気にくらしております。
zawaさんも達者にくらしているのでしょうか?
一時期怪我をされていたようなことを記憶しております。
お体の方、ご自愛ください。」

administratorの御託はまだまだ続く。
雑誌拾い administrator 2005年12月21日水曜日 20時55分
「せっかくまともなレスを返したのに・・・
ナレーションがボケをかましてくれてるよ・・・

「店の看板娘シンディにちょっかいをかけていたadministratorが今の話に振り向いた。」」

Cafe日誌No.12
2005年12月14日水曜日 12時47分
まだ日も高いうちに、前に見たことがある人妻が入ってきた。今夜は最悪の気分だ。kurageはダンディから聞いたという話をしだした。
無職 kurage 9   
「こんにちは!
kurageです!
遅くなりましたが、先日はゲストブックにコメントありがとうございました!

広島大学散歩道、面白かったです!
(西条に住んでいるくせに・・・)
手が込んでますよね〜…感動です。

今年卒業するつもりですが、大学が恋しくなったらまた散歩してみようと思います。
だから消さないでくださいねッ!」
だがその目元は全く笑っていなかった・・・。

それを聞いたadministratorが急にヒステリックに捲し立てた。
雑誌拾い administrator 2005年12月14日水曜日 20時49分
「.
こんばんわ。+@_Ga..iでございます。

広島大学散歩道喜んでいただけて光栄でございます。
まだ実はあれは3分の1から4分の1程度出来上がっているだけです。
力尽きてhtml化していない部分が沢山あります。
暇なときでも作成しようと思っていますが、思うだけで終わってしまいます(笑)

↓実は西条駅から広島大学間の散歩道も作成しています。
 これも未完で一方通行のみ出来上がっています・・・
http://water21.lolipop.jp/saijo/saijo20040227_001_s.html

kurageが本当に話したかったのは次のような内容だ。
無職 kurage     2005年12月17日土曜日 13時42分
「をををーーー!!!
駅前散布道!! スゴイ!
何がスゴイって、実際に自転車で走ったら息が切れて仕方ない
ブールバールが、すいすい登れちゃう!(笑)

西条駅前は今、かなり道路工事してます。
下見街道も変わりましたよ。歩道ができて、歩行者と自転車に優しい道路になりました。」

administratorの話はダラダラと長いだけだ。
雑誌拾い administrator 2005年12月18日日曜日 21時37分
「.
そうですかー駅前はどーかわるんだろうねー。
当方が広島大学に入学した当時は駅前だけ、
ド田舎の雰囲気を出していて、数百メートル歩くと
全然違う風景でした。まるで駅前が田舎の仮面を
かぶったハリボテみたいな感じだったと記憶しています。
実家に帰るときは岡山で新幹線を降りて、
後はドンコウでいこうかな〜。」

Cafe日誌No.11
2005年11月25日金曜日 21時50分
他の客も酔いが回ってきた頃に、見馴れない一人の女が店に入ってきた。自分の事を素晴らしくモテるタイプだと勘違いしている。この女が話すことといえばいつもミスターの事だ。
無職 Ca
「ご無沙汰しておりました!Caこときゃしーでございます。
このたび卒展の日程が決まりましたのでお知らせに参りました。

 日時:3/2(木)〜7(火)
 会場:西条プラザ2階ギャラリー(いつものトコです)

お仕事やらご病気やら大変そうですが、もしお時間がとれたなら
ぜひぜひおいでください!

私ももう西条を立つ身ですが、いつかまたお会いしましょう。西条でなくとも!
それでは、少しでも早く快復されるよう祈っております。」
なかなか話し上手な女だ。

ピンボールで負けたadministratorが悔しそうに天を仰いだ。
雑誌拾い administrator 2005年11月25日金曜日 22時32分
「話し上手のCa様、こんばんわ!
病人のn@_Ga..+iでございます。

卒展ですか〜。懐かしい限りです。
土日をはさむようですね〜。なんか行って見たい気まんまんです。
まー物理的に無理な気がしますが・・・」

Cafe日誌No.10
2005年10月16日日曜日 00時36分
大分夜も遅くなった頃、前に見たことがあるセクシーダイナマイトが入ってきた。長生きするとこういう客も珍しくない。何を思ったのか男の子の話しをはじめた。
無職 猫画会管理人Mik 10   
「お世話になっております。猫画会管理人Mikです。

先日は、素敵な猫画をご提供いただきありがとうございました。
おかげ様で、とてもかっこいいホームページに
なりました。よろしかったらご確認がてら遊びにきてください。

表紙期間が終了した絵は、サイト内の猫画GALLERYにて
http://koclub.fc2web.com/nekogakai/gallery.htm
展示させていただきますことをどうぞご了承くださいませ。

ありがとうございました。またよろしくお願いします。」
子供達が泣いてるぞ・・・。

そう言えばこういう名言をはいた人物がいた・・・・。
雑誌拾い administrator 2005年10月22日土曜日 17時34分
「たびたびお世話になっております。
アートな午後の管理人でございます。

TOPページ画像掲載の件、
大変感謝しております。

これからもよろしくお願いいたします。」

Cafe日誌No.9
2005年09月26日月曜日 14時40分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人のホモが店に入ってきた。随分とご機嫌な様子だ。kurageはガタイに似合わず甲高い声でこう言った。
無職 kurage   
「おこんにちは!
お久しぶりです! くらげです!
HP来てくれはって、ありがとうございましたッッ!!

何だかお体のほうが大変そうで・・・どうぞご自愛くださいませ。
一日も早い回復をお祈り申し上げます。
(はッ、『下手な励ましは鬱陶しい』ですか!?)

私、最近(以前と比較して)大きな絵も描くようになりました!
ただ単にB3のイラストレーションボードを貰っただけですけど。
よく「もっと大きな絵を」って言ってはりましたから、ご報告。

では、またちょこちょこ来させていただきます☆
あしからず!!(≧▽≦)」
このホモは金の話しかしてこない。

kurageはまだ言い足りない。
無職 kurage     2005年09月26日月曜日 14時41分
「私、ホモなんだ・・・
  ・・・。
  ・・・価値観の多様な時代です。おおらかに見守ってください・・・。」

カウンターの隅で飲んでいたadministratorが天井を見ながら呟いた。
雑誌拾い administrator 2005年09月26日月曜日 20時03分
「平素お世話になっております。
アートな午後の管理人でございます。

> 何だかお体のほうが大変そうで・・・どうぞご自愛くださいませ。

全く大変ですよ。もうね〜もうね〜〜です。
当方、励まされると何だかこころが豊かになるので
ドンドン励ましてください。
当分、あと数年は今戦ってる病気と闘っています。
ちなみに男から励まされるとゲンナリになります。
女の子からはご想像にお任せいたします!!


> 私、最近(以前と比較して)大きな絵も描くようになりました!


大きい絵も小さい絵もkurageちゃんの絵は
美味しそうなので今度食わせてください!

ではでは





そうそう、ここのナレーションは無差別にハレンチなので
気にしないでください(笑)」

Cafe日誌No.8
2005年09月16日金曜日 12時42分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人のお嬢さんが店に入ってきた。食えない・・・その手の人間だ。猫画会管理人Mikはジェントルマンから聞いたという話をしだした。
無職 猫画会管理人Mik 1   
「お世話になります。猫画会管理人Mikと申します。

実は、当Ringのホームページの表紙の絵をお願いしたく、
貴サイトを拝見させていただいていたのですが、当Ringの
「ナビゲーションバー」が設置されていないことに気付きました。
大変お手数ですが、ナビゲーションバーを設置いただきますよう
よろしくお願い申し上げます。

本来はTOPページへの設置が原則ですが、当Ringは設置さえしてあれば、
リンクページでもかまわないと思っています。

もし、設置方法がわからない場合は
http://koclub.fc2web.com/nekogakai/kaiin.htm
上記ページにてIDとパスワードを入力すると、設置方法等を
ご覧いただけます。
アートな午後様のサイトIDは、No.55 です。お願いします。

現在9月16日〜30日をNo.54のサイト様、
10月1日〜15日をNo.53のサイト様に表紙のイラストをご担当
していただく予定になっていて、アートな午後様には10月16日
〜31日の間をお願いしたいと思っています。
詳細は、再度サイトの確認をしナビゲーションバーが正しく設置
されているか確認後にメールにてご連絡させていただきます。

お手数をおかけいたします。どうぞよろしくおねがいいたします。

-----------------------------------------------------------

上記内容を、ご登録のメアド「hiroshima-u」やサイトで案内されて
いる「ocn」へ送信しましたがアカウントが無いと返信されてきました。
お手数ですが、私までメールにて連絡いただけますでしょうか。
すいません、どうぞお願いいたします。」
お嬢さんのこの言葉がのちのち何人もの人々を苦しめることになろうとは、本人でさえも気づいていなかったのだろう。

先程からカウンターに座っていたadministratorが辛うじて聞き取れる声でこう漏らした。
無職 administrator 2005年09月17日土曜日 01時11分
「平素お世話になっております。
アートな午後の管理人です。

色々とご迷惑をおかけしております。
上記の件はメールにて対応させていただきました。

                       以上」

Cafe日誌No.7
2005年09月04日日曜日 19時43分
店も賑わいを見せる頃、見馴れない一人の英雄が店に入ってきた。腕に恋人の名前が彫ってあるらしい。・・別れた恋人のだが。私を嬉しそうに見つめ、もったいぶってこう言った。
無職 すえ。
「いやぁ久しぶり。ちょっと現実逃避をしたくて寄ってみたんだが…
いろいろと大変そうだな。だが前向きな姿勢が伝わってくるので、
心配はしてないぜ。実は以前立ち寄って状況は知っていたんだが、
下手な励ましは鬱陶しいだろうと思って書き込みは控えたんだ。
日記じゃねーどを読んで「生きることは告白することだ」という、
早死にの甘えん坊が言った言葉を思い出したよ。
俺の方は相変わらず目先に追われて楽しくもがいている。
未だここから出れそうにないが、それなりに進んでるつもりだ。
…こんな口調で書き込むつもりはなかったんだが、
この掲示板に合わせてしまった。う〜ん、恥ずかしい…」
殆ど逆ギレだ・・・・・。

呼ばれてもいないのにadministratorが話に参加した。
無職 administrator 2005年09月04日日曜日 20時56分
「どもどもMr.n@_Gaiです。色々とありまして、ご心配おかけしております。
まあ色々な事のおかげで自分の方向性を見失うこともなくなんとかやっております。

広島の方はみなさん、お元気なんでしょうか。まあ相変わらずだと思いますが、
何か機会がありましたらよろしくと伝えておいてください。

ではでは                                     」

Cafe日誌No.6
2005年06月02日木曜日 01時08分
大分夜も遅くなった頃、見馴れない一人の彼氏が店に入ってきた。近所のガキどもを集めては金を巻き上げている。そういう話だ。モーリスは何を思ったか一冊の本を取り出し、私に聞こえるよう朗読し始めたのだ!
無職 モーリス 
「はじめまして、モーリスといいます(モーリスグリーンではありません)
何かの拍子で貴方のサイトの、日記じゃねーどに辿り着き、
さら〜っと読ませていただいている内に何故かはまってしまい、
最初から全部読んでしまいました(笑)(計3日)
勝手に足跡残させていただきますね。
早く病気が完治しますように・・・
(当方、今すぐ会社を辞めたい3年目プログラマー)」
何を語っても冴えない彼氏だ。

この言葉に疑問を抱いたadministratorという貴公子が自説を唱え始めた。
無職 administrator 2005年06月02日木曜日 19時36分
「アートな午後のカンリニンです。
平素お世話になっております。

「日記じゃねーど」の限度の越えた支離滅裂さに
気がおかしくならないか心配です。
また体調が良いときにでもご覧ください。

以上、よろしくお願いいたします。」

Cafe日誌No.5
2005年04月29日金曜日 03時06分
大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある女郎が入ってきた。長生きするとこういう客も珍しくない。sekensirazuは誰から聞いたかわからない噂話をはじめた。
無職 sekensirazu 1   
「こんばんは!夜遅くすいません。この前は、アメリカの水彩画家サイトを教えていただきありがとうございました!また、遊びに来ます!お体に気をつけて!」
人と同じようにしていないと不安なのだろう。

[BACK] [NEXT] [1][2][3][4][5]

Narration BBS Ver 4.0
MISSING LINK