Count: 524
Welcome to Hardboiled Cafe
Name
Sex
Site
Mail
Comment
Icon  
Color
Code
上記4桁の数値を入力
Roll a Dice ダイスを振ります(ダイス付きの記事は削除出来ません)。
登録情報を保存する
削除用パスワード:
Cafe日誌No.36
2016年12月17日土曜日 17時50分
店も賑わいを見せる頃、見馴れない一人のオヤジが店に入ってきた。不幸を絵に描いたようなタイプだ。媚薬 最強はいかに彼女というものが素晴らしいかを主張し始めた。
無職 媚薬 最強 
「紅蜘蛛(液体)は女性専用液体タイプ 媚薬です。そして、無色無味の液体で、各飲料や アルコール類、お湯によく溶けます。紅蜘蛛女性が飲用後、数分間で情熱が溢れ出てき て、 愛情の欲求が強くなります。http://www.biyakui.com/
このオヤジの親の顔が見てみたい・・・・・・。

Cafe日誌No.35
2016年12月17日土曜日 16時40分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人の外国人が店に入ってきた。黒蟻王はいかにも追われている、そういう感じだった・・・。黒蟻王は誰から聞いたかわからない噂話をはじめた。
無職 黒蟻王 
「黒蟻王の激安通販‚黒蟻王で血液循環を飛躍的に促進し、ペニスの硬さと太さを確実に 、漢方精力剤としての役割を見違えるほど発揮します。http://www.strong-one.net/seiryokuzai-58.html
女郎とギャンブルと酒の話。この外国人には3種類の話題しかない。

Cafe日誌No.34
2016年12月17日土曜日 15時34分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人の二枚目が店に入ってきた。つまらない冗談で愛想笑いを誘うと、MaxManは誰でもいいから女性を紹介してくれと懇願してきた。
無職 MaxMan 
「MAXMANは最先端技術よる製造で開発したペニス増大、陰茎増大精力剤です。更に その増加の時間を30分延長できる。性行為時の陰茎を太く長くし、最高のセックス体験 を与える。http://www.kanpouone.com/maxman-mmc2.html
ただの欲求不満だろう・・・。

Cafe日誌No.33
2016年12月17日土曜日 11時41分
まだ日も高いうちに、見馴れない一人の変態が店に入ってきた。シアリス 通販という名前は覚えるのに一苦労だ。シアリス 通販は何を思ったか一冊の本を取り出し、私に聞こえるよう朗読し始めたのだ!
無職 シアリス 通販 
「それぞれのクリニックが処方してくれるED薬の種類とその料金なども紹介。このほか、 不能を克服 ... 代表的なED治療薬をはじめ、安価なジェネリック品や他クリニックでは 処方されていないザルティア(成分はシアリスと同じ)も取扱っている。http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20
そういう話は犬にでもしてもらいたいものだ。

Cafe日誌No.32
2016年12月01日木曜日 17時23分
店も賑わいを見せる頃、見馴れない一人の坊主が店に入ってきた。強力媚薬は誰かを探しているらしく、強力媚薬は辺りかまわず罵った。
無職 強力媚薬   
「媚薬は女性の性欲低下、分泌物が少ないのが治療できます。媚薬は女性に対して、SEXの快感を倍増する、性機能改善、免疫力増進する事が主な女性用媚薬の効果です。女性不感症の方には特にオススメです。」
この時のこの強力媚薬の台詞が果たしてどんな意味を持っていたのか・・・。そのときの私には予想すらできなかった。

Cafe日誌No.31
2009年03月22日日曜日 20時08分
店も賑わいを見せる頃、割とよく来るadministratorが入ってきた。断っておくが、この店はこういう客ばかりじゃない。なぜか、宝塚口調で喋り出した。
雑誌拾い administrator
「テスト投稿
bbsのバージョンが上がっていたのでバージョンアップしてみました。」
思ったほど面白い話ではなかった。

administratorは自分の発言に満足していないらしい。
スリ administrator 6 2009年03月22日日曜日 21時27分
「テスト投稿です。」

Cafe日誌No.30
2009年03月22日日曜日 14時28分
遅い昼飯でも食べに来たのか、見馴れない一人のオヤジが店に入ってきた。無職仲間の間じゃそうとうの実力者だそうだ。私に顔を近づけると口臭を放ちながら喋り出した。
無職 のぞえ。 5
「過疎ってるみたいなんで、別にそのまま書きこんでもいいだろうと勝手に判断。
07生ののぞえです。

何年ぶりかに遊びに来てみた。生きてんの、この掲示板。」
そう言った途端、大粒の涙がのぞえ。の目から溢れた。

そこへadministratorのお出ましだ。話がややこしくなる。
雑誌拾い administrator 2009年03月22日日曜日 14時36分
「いきているみたいですね。」

Cafe日誌No.29
2007年11月28日水曜日 21時58分
他の客も酔いが回ってきた頃に、前に見たことがある大和撫子が入ってきた。クリスマスとイースターが一緒に来たかのような酒機嫌だ。荒ぶる魂を押さえつける事が出来ないのか私にそれをぶつけてきた。
無職 ゆっきん 
「憶えられていたことに感動感動(^^) もう、絵文字使っちゃう。
「あなたなりの」に憤るところは、管理人さんらしいですね。

んん、アイコンリスト(女性)に、偏りがある気がしますが・・・(笑)」
この大和撫子の親の顔が見てみたい・・・・・・。

Cafe日誌No.28
2007年11月27日火曜日 18時15分
店も賑わいを見せる頃、見馴れない一人の小娘が店に入ってきた。自分の人生でさえも脇役を演じている、そういうタイプだ。ゆっきんは私を見つけると嬉しそうに近づいてきた。
無職 ゆっきん 
「ご無沙汰してます。
うれしくてなんて書いていいか解らないので、顔洗って出直します(笑)。」
そう・・。ゆっきんは生き地獄を味わってきたのだ。

administratorという雑誌拾いが話に入ってきた。こういうところは抜け目がない。
雑誌拾い administrator 2007年11月27日火曜日 23時34分
「おお!ゆっきん久しぶり〜。久しぶり〜。」

Cafe日誌No.27
2007年05月09日水曜日 09時14分
まだ日も高いうちに、何回かこの店を利用している小娘が入ってきた。クリスマスとイースターが一緒に来たかのような酒機嫌だ。何を思ったのか学生の話しをはじめた。
無職 kurage   
「先生!
今月から新しい言語でお仕事をすることになったのですが、
C++が分かりません!
というか、そもそもC言語が分かりません!」
聞いてはいけない話だったような気がする。

その時だ。今まで一言も喋らなかったadministratorが口を開いた。
雑誌拾い administrator 2007年05月09日水曜日 23時34分
「C++は上級魔法の中でもかなり高度な魔法
パーソナルコンピュータをも壊してしまう恐れがある魔法じゃけん、
心してかからないとイカンね。」

[NEXT] [1][2][3][4]

Narration BBS Ver 4.0
MISSING LINK